40代からのエイジング対策ー毛穴・シミ・乾燥、10年後のための美肌ケア

menu

40代からの美肌レシピ

敏感肌の方は肌に負担をかけないために保湿ケア以外のケアは行っていないという方も多いのではないでしょうか。しかし、敏感肌はシミやくすみができやすい状態なので、できれば美白ケアも行ったほうが良いでしょう。

ここでは、敏感肌に効果的な美白化粧品とはどのような化粧品なのかを紹介します。

シミやくすみができやすい敏感肌

敏感肌は、なんらかの要因で肌のバリア機能が弱まっている肌の状態をいいます。
敏感肌になると刺激を少しでも受けると肌がヒリヒリしたり、かゆみや赤みなどの肌トラブルが起こりやすくなります。そのため、炎症によりメラニンが過剰に生成されやすく、シミやくすみができやすいという特徴もあります。

 

美白が効きにくい敏感肌

敏感肌の方は、くり返す炎症でメラニンが次々に生成されるので、美白成分が効きにくく、美白ケアをしても効果がないことがほとんどです。

敏感肌は、美白ケアを行う前にまずは肌のバリア機能を回復させるケアを行うことが重要です。ですので、肌のバリア機能をサポートする成分が配合された美白化粧品を選ぶと効果的です。

 

敏感肌の美白ケア

敏感肌の美白ケアは、まず、外部の刺激から肌を守ることでメラニンの過剰生成を防ぐことが先決です。そのうえで美白成分を補えば敏感肌でも美白効果を実感することができます。

肌のバリア機能をサポートする主な成分には、セラミドと同じ構造を持つヒト型セラミドや、擬似セラミドと呼ばれるN-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド、セラミドの生成を促進するユーカリエキスなどがあります。また、、炎症により過剰生成されるメラニンを抑えるために抗炎症作用があるものを選ぶこともポイントです。

 

敏感肌の美白にオススメの成分

抗炎症効果のある成分としては、アミノ酸の一種であるトラネキサム酸や、カモミールから抽出したカミツレエキスなどがあります。これらの成分には保湿効果もあるので、敏感肌の方にはおすすめの成分です。

これらの成分が配合されている美白化粧品でケアを行うとしみやくすみの改善が期待できます。

 

おすすめのシミ・美白化粧品
ディセンシア サエル
美白が効きにくい敏感肌のための薬用美白ケアシリーズです。通常のセラミドの4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアが徹底保湿。ターンオーバーに働きかけ肌のバリア機能を高め、くすみとシミを一掃します。
>>> decencia
>>> 管理人が使ってみた感想はこちら

 

AMPLEUR(アンプルール)ラグジュアリーホワイト
ハイドロキノン誘導体(アルブチン)やビタミンC誘導体でワントーン明るい肌へ!皮膚の専門家が開発した美白化粧品。
>>> 美白ケアトライアルキット

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930