40代からのエイジング対策ー毛穴・シミ・乾燥、10年後のための美肌ケア

menu

40代からの美肌レシピ

美容と健康のコラム3

更年期と呼ばれる時期に差し掛かると、体や心にさまざまな不調が現れるようになります。そして、更年期の症状には個人差があり、症状がほとんど気にならない人もいれば、日常生活に支障が出るほど辛い症状が起こる人もいます。

更年期とは?体におこりやすい症状

体に起こる症状としては、ほてりやのぼせ、めまい、ふらつき、倦怠感、むくみ、冷え、などがあげられています。また、体だけでなく、心にも不調が起こる場合があり、ちょっとしたことでイライラしてしまったり、何も手につかずやる気が起こらない、などの症状が現ることがあります。

更年期の症状は、治療をしなければ命に関わるような大きな病気ではないため、辛い症状が続いても我慢をしているという方も少なくはないようです。しかし、我慢をしているとさらに症状が重くなり、体にも心にも大きな負担がかかることがあります。

 

サプリメントを使って辛い症状を乗り越える

更年期の症状の改善には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンや亜鉛、ビタミンEなどの成分を多く含む食べ物を摂ると良いと言われています。普段の生活の中でこれらの成分を十分に摂ることができないときは、簡単にサプリメントで摂取してみてはいかがでしょうか。

最近は、更年期の症状を緩和する作用があるサプリメントも多く出ています。これらのサプリメントには、大豆イソフラボンだけでなく、サポニンプラセンタ、高麗人参など更年期の症状の緩和に適している成分が配合されているので、摂り続けることで症状の緩和を期待することができます。

サプリメントは摂り続けることで効果を実感することができるものが多いので、継続して摂り続けようと思ったときは、無理なく続けることができる価格設定がどうかということも考慮しなければいけません。

 

機関で治療する方法もある

更年期の症状が日常生活に支障が出るくらい重いときは、産婦人科に行くと症状を抑える治療を受けることができます。具体的な治療内容は、減少するホルモンを補充するホルモン補充療法や、女性ホルモンを配合した貼り薬を使用する軽皮剤治療です。

病院に行くほどでは‥と思っている方もいるようですが、治療を受けることで体が楽になるので、家事も仕事も手につかないというときは、早めに専門機関で適切な治療を受けましょう。

病院での治療に抵抗があるという方は、更年期の症状に効果的な漢方薬も出ています。より体に負担にならない方法で症状を緩和したいと思っている方は漢方薬を始めてみてはいかがでしょうか。

生活に支障が出るほど辛い症状を感じるのは全体の2割ほど残り8割の方はうまく乗り越えている事がわかっています。女性ホルモンを意識した食事やサプリメントなどをうまく取り入れて「うまく乗り越える」8割に入りましょう。

 

おすすめ人気の更年期サプリ

基本のサプリ(大豆イソフラボンのサプリ)

バナー原稿 468×60 (131017)imp
大豆イソフラボンアグリコン、ぶどう種子ポリフェノール、葉酸、ビタミンD3が幅広く更年期障害の辛い症状を緩和。大豆のスペシャリストキッコーマンの更年期サプリ。定期なら初回半額です。

>>>   からだ想い「基本のサプリ」公式ページを見てみる
>>>  写真付きレビューを見てみる

 
高麗美人(高麗人参のサプリ)
バナー原稿imp
本場韓国の高級ブランド人参100%使用。豆の約7.7倍のサポニンをはじめ、ビタミンや鉄・カルシウム・アミノ酸など98種類の栄養素がぎゅっと詰まっています。テレビで大人気の高麗人参 更年期サプリです。30日間返品保証。

>>>  高麗美人 公式ページを見てみる
>>> 写真付きレビューを見てみる

 

★当サイト内の感想はあくまで私の個人的なものです。使用感には個人差がありますので、何かあったらすぐお医者さんへ行ってくださいね!

ブログランキングに参加しています^^ 応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 更年期障害へ

 

 

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930