40代からのエイジング対策ー毛穴・シミ・乾燥、10年後のための美肌ケア

menu

40代からの美肌レシピ

暖かい日差しが現れる3月は外出が楽しくなる時期です。3月はまだ寒さが残る日も多いので、外出するときはUV対策を行わず出掛けるという方も多いのではないでしょうか。3月は紫外線の量が一気に増える時期です。

UV対策は暖かくなってからで大丈夫と思っていると後で取り返しがつかなくなることがあります。UV対策はこの時期から早めに行いましょう

 

紫外線の影響を受けやすい3月

色が白い人は、紫外線のダメージを受けやすいと言われています。それは、シミやそばかすの原因となるメラニンは、肌を紫外線から守る役割も果たしているからです。色が白い人は、メラニンが少ないので、紫外線の影響を受けやすいのです。

そのため、日焼けをして肌の色が濃くなっているときよりも、まだ日焼けをしていないこの時期のほうが肌は紫外線の影響を受けやすくなります。

 

生活紫外線によるダメージ

肌の色が最も明るくなるのは冬ではなく春だと言われています。秋冬の紫外線が少ない季節を経た肌は春に現れるので、春の肌は紫外線に対して無防備な状態です。3月は紫外線の量も急増するので、春のUV対策をしっかり行ってから外出しなければいけません。

紫外線と言えば急な肌の炎症やシミを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。これらの肌トラブルは、肌の表面に現れる分りやすいトラブルです。炎症やシミはやっかいな肌トラブルですが、知らず知らずに浴びている生活紫外線 影響は、ダメージが積み重さなるとシミやしわなど肌の老化の原因となり、改善するまでに長い時間がかかる場合があります。

 

肌に負担をかけない日焼け止めを選ぼう

UV対策は日差しが強くなる夏から始めるのではなく、春からしっかり対策することが重要です。曇りの日や屋内でも日焼け止めは必ずつけておきましょう

日焼け止めは、紫外線をカットする効果はもちろんですが、肌へ負担をかけないことや使用感も大切です。最近は、美容成分が配合された肌に優しい日焼け止めも多く出ているので、自分の肌に合う日焼け止めを選んで、3月からしっかりUV対策を行いましょう。

 
■肌に負担をかけない おすすめ UVケア化粧品■
ポーラ ホワイトショットCX(前顔用)、SX(気になる部分用)
ベストコスメ累計17冠達成! 肌本来が持つ「セルフクリア機能」に着目したUVケア
>>> POLA公式通販サイト

HANAオーガニック ウェアルーUV
美容液成分85%の天然100%オーガニック処方、SPF25の日焼け止め
>>> HANAオーガニック


マナラ リキッドBBバー
30秒で簡単!きれい!スルスル伸びるBBクリーム。日常の紫外線をしっかりカット SPF35PA+++
>>> リキッドBBバー

 

 

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930